尿漏れトラブルを改善させよう|原因は筋肉機能の低下

医者

早期的な治療が肝心

カウンセリング

埼玉の泌尿器科では、前立腺がんや膀胱がんの治療を受けることが出来ます。なかでも前立腺がんは男性に多く発症する病気で、死亡リスクもあります。前立腺がんの初期症状はほとんどないため、気づいた時には症状が進行しているということも少なくありません。そのため定期的に埼玉の泌尿器科クリニックで検診を受けておくと安心です。前立腺がんの症状としては排尿障害や頻尿などがあります。前立腺がんの進行が遅いのと同様に、排尿障害も長期的に続くことが多いです。そのため良性の病気である前立腺肥大や膀胱炎と勘違いしてしまう人もいます。

埼玉の泌尿器科で行なっている前立腺がんの治療方法はいくつかあります。症状が進む前の状態であれば、外科手術療法、ブラキセラピーとも呼ばれてる前立腺がん小線源治療、放射線療法、ホルモン療法などがあります。早期の段階であれば、患者さんの様態や病気の症状に合わせてこれらの治療方法の中から選択していくことが出来ます。埼玉の泌尿器科では基本的に手術創が小さく、ダウンタイムが短い治療方法が選択されます。腹腔鏡下前立腺摘出除術と呼ばれるこの手術方法は、神経を残すことが出来ます。そのため手術を受けた後に真性尿失禁などを引き起こす心配もありません。また勃起機能も温存することが可能なため、男性の方は安心して治療を受けることが出来ます。前立腺がん治療は患者さんの回復スピードにもよりますが、基本的には1週間程度で退院することが出来ます。前立腺がん治療を検討している人は、埼玉の泌尿器科に相談してみると良いでしょう。